skip to Main Content

“ドライバーの視線を道路に
集中させることができます。”

“ドライバーが進行方向を
誤るリスクが低減します。”

"ドライバーの精神的ス
トレスを軽減できます。"

安全で直感的な運転を実現

警察車両、消防車、救急車のような緊急車両のドライバーは、過度な緊張状態で運転操作を行わなくてはなりません。現場にいち早く到着するため、高速で運転しながら、車内の機器や道路状況、信号などに気を払う必要があります。オランダ応用科学研究機構(TNO)の調査によれば、視界による状況把握を触覚(TACTILE)によって認識することで、ドライバーの行動認識に要する時間や精神的ストレスが軽減されることが示されています。Sentaz社は座席に搭載したバイブレーション機能で経路案内を行うという、画期的なナビゲーションシステムを開発しました。この感じるナビゲーションシステムはお客様における使用テストを繰り返し、改良を重ねて完成しました。

Button to free demo

経路案内のしくみ (Tactile Navigation)

ナビゲーションシステムで最も重要な機能は、運転経路を誘導することです。到着地が設定されると、システムはルートを選択します。通常のナビゲーションシステムは、ドライバーにどこで曲がればよいか、どの方向へ向かえばよいかを、スクリーンや音声によって案内していきます。TACTILE NAVIGATIONにより、この案内を座席に搭載されたバイブレーション機能によって行うことができます。あらかじめ設定されたパターンにより、右折や左折、進むべき経路をドライバーにバイブレーションで伝えます。

Tactiele Navigatie uitgelegd door brandweerman Richard Lubben voor de Jan van der Heydenprijs 2017

バイブレーション パターン

Sla rechtsaf

Keer om

Gif_U-turn

Rotonde

Gif roundabout

安全性の改善

W緊急車両のドライバーは、過度な精神的負荷がかかります。高速で赤信号の交差点を通過しなくてはならず、同時に関係者と連絡を取りながら、行き先確認をするためにナビゲーションシステムの案内を追随していかなくてはなりません。オランダ応用科学研究機構(TNO)の調査によれば、触覚(TACTILE)によるナビゲーションは、操作対応に要する時間を短縮し、精神的ストレスを低減させることが示されています。しかも、ドライバーが発揮する能力が低下することはありません。我々が緊急車両にTactile Navigationをお勧めするのはこのような効果が認められるからです。

 

バイブレーションによる案内により、ドライバーがディスプレーに視線を向ける必要がなくなります。このシステムを使い始めると、ドライバーは視線や聴覚を道路状況の把握に集中させることができ、より安全な運転をすることができるようになります。

プロドライバーのためのシステム

icon Alarm lights

Tactile Navigation は、2016年初め、救急車を運用する機関と共同で検討を重ねることにより完成しました。19名のドライバーがフィールドテストに参加し、そのうち18名からTactile Navigationに対して好評価を得ました。

 

2017年の4月には、20名の消防車を運転するドライバーから、「地図を示すディスプレーは不要だ」とのフィードバックを受けました。同年9月には5台の緊急車両にSentaz Tactile Navigationが導入され、現在活用されています。

 

Sentazは、これからも警察車両、消防車、救急車によるユーザーテストを重ね、Tactile Navigationのさらなる改良を継続していきます。

Back To Top